FC2ブログ

未分類

サイトスペシフィック表現

サイトスペシフィック2019
7月8日 成安造形大学より宇野君平先生にお越しいただき、3年生を対象に「サイトスペシフィック表現」についての特別授業をおこなっていただきました。

生徒らにとっては、初めてのサイトスペシフィック表現ですが、昨年・一昨年と先輩たちが校内に展示しているのを見ているだけに、すでにアイデアを考えている生徒もいたようです。
5つのグループに分かれ、それぞれが校内の展示可能な場所を探索。見つけたポイントに人型に切り抜いた白いシートを取り付けることで、見慣れた校内が違う風景に変わっていきます。

時間を最大限使って展示した作品を、宇野先生に講評いただき、特別授業は終了しましたが、これが2学期以降の作品制作、また卒業制作展に向けてよい刺激となったことでしょう。

展示は今日12日に一斉に撤去しました。他のクラスの生徒にも「ここに何か作品があったよね?」と、記憶に残ってくれればと思います。

本物そっくりにつくる

セザンヌ風2

季節が変わって少し涼しい日もあり、秋を感じるようになりました。
遅くなりましたが、1年生が1学期に制作したリンゴを紹介します。
このリンゴは、石粉粘土で制作し本物そっくりに着色したものです。
少し小ぶりですが、じっくり観察して制作する課題を真摯に取り組んだ成果をご覧ください。

リンゴ粘土1

感謝状をいただく

先日、市役所において、教育長より2年生山本駿君に感謝状が贈呈されました。ビジネスデザインで取り組んだ「和歌山市幼稚園・保育園児募集ポスター」の原画を制作した生徒の中からの一点です。
これに限らず、3年生の意見広告の中から3点が、市少年センターに寄贈され、また、社会参加活動文集へのイラスト提供など、様々な場面で本学科の生徒が制作した作品が生かされています。

R8861680.jpg

1学期のまとめ(風景スケッチ)

本校も夏休みに入りました。
忙しさにかまけて、本ブログもおざなりになっていましたが、この期間を利用して、1学期の取り組みのいくつかを紹介させていただきます。昨日の「震災から命を守る会」に続いて、本日は1年生「造形表現」で取り組んだ校内写生の作品から…。
35yamaguchi.jpg
山口可南子さん
03iwamoto.jpg
岩本彩花さん
この課題は絵画表現の基礎学習のまとめとしての課題です。線の表情を考えた筆のタッチや、着彩の基本である混色や重色の効果、そして短時間で仕上げる「スケッチ」の方法などの学習の成果として取り組んでいます。(K)
(タイトルをクリックすると他作品もご覧いただけます)

実技科目紹介します

panf001.jpg
イラスト制作 3年貴瀬菜月さん

これ、昨年の中学生体験学習に配った学科紹介冊子の表紙です。(なかなかお茶目でしょう)
イラストはもちろん「ロゴ」も生徒作品です。

「デザイン」「美術」と、広い範囲を学習するため、実技科目が多いのが本学科の特徴です。

1年生は・・・
「構成」・「造形表現」・「CG」が週 2時間授業
「素描」が週 1時間
2年生は・・・
「グラフィックデザイン」が週4時間
「造形表現Ⅱ」・「CGⅡ」が週2時間
「素描Ⅱ」・「美術史」が週1時間
選択科目として「ビジネスデザイン」が週2時間
3年生は・・・
「グラフィックデザインⅡ」が週4時間
「造形表現Ⅲ」「CGⅢ」が週2時間
選択科目として「ビジュアルデザイン」・「素描」が週2時間
「美術史Ⅱ」が週1時間
「総合の学習の時間」も実技科目と考えると週3時間

来年度の新入生からカリキュラムが変わりますが、実技科目の多さは変わりません。
ちなみに、普通の勉強もやってます。