FC2ブログ

2013年11月

ポスターコンクール審査結果(5)

2年生の選択ポスター「献血啓発ポスター」の審査結果の報告です。山崎菜央さんが優秀賞、藤坂妃那さん、藤田梨沙さんの作品が入選しました。

山崎菜央さん
2013kenketu01yamasakinao.jpg

藤田梨沙さん  藤坂妃那さん
2013kennketu001.jpg

ボタニカルアートに挑戦!

10月の記事でも紹介した1年生の「植物画」が完成しました。植物画である特徴は、その絵を見て、その植物が何であるのか、確実にわかることができることです。その植物の特徴となる花の部分がぼやけて描かれていたり、たとえ描かれていてもその特徴が本来の植物と異なっていては植物画とはいえないのです。この本来の植物画の特徴が「観察力」を鍛えるのにぴったりの教材です。しかし、絵としての美しさについても追求しなくてはなりませんから、非常に難しい課題でもあります。

山口可南子さん
yamaguchi35syokubutu.jpg
岩本彩花さん
iwamoto03syokubutu.jpg

CDジャケットを作る

1年生の「CG」の授業も、Photoshopの基本操作を学習し、画像処理の方法も理解できてきたところ。ソフトの名前が「フォトショップ」というぐらいですから、本来は写真画像を加工修正しプリントすることを目的としたソフトです。そこで、既存の画像を加工(写真画像を切り抜いたり、色を変えたり、絵画風に加工したり)してレイアウトする「フォトコラージュ(フォトモンタージュ)」をCDジャケットに仕立てました。(K)

DSCF0098.jpg

学校改造計画

3年生の美術史もそろそろ終わりに近づいてきました。現代美術(コンテンポラリーアート)を学習し、現代美術を知るうえで欠かすことのできないインスタレーション表現を課題として取り組んだのが「学校をインスタレーション」のアイデアを考えるスケッチ。実現可能な表現から制作不可能なアイデアまで生徒たちは自由な発想で学校を改造しました。
R0012313.jpg
設定場所は本校の中庭。
この空間を生徒たちはどのように改造したのでしょう・・・・

川崎菜都さんのコンセプト
「わ」という文字、もしくはもう一文字足して、空間にばらまく。それによってあたかも空間が言葉を発しているように感じさせる。「わ」は、笑い、びっくり、叫びなどの感情の表現。
見た人が「わっ!」と叫べば成功。
kawasaki01ins.jpg
(他アイデアはタイトルをクリックするとご覧いただけます)

特報!明るい選挙ポスター中央審査結果

明るい選挙啓発ポスターコンクールの県審査の結果で入選した4点の作品のうち、平山鈴夏さんの作品が公益法人明るい選挙推進協議会及び都道府県選挙管理委員会が実施する中央審査にて、高等学校の応募総数 3,708点の中から「文部科学大臣・総務大臣賞」6点のひとつに選出されました。

2013senkyo01hirayama.jpg

詳しくは 平成25年度明るい選挙啓発ポスターコンクール事業
http://www.akaruisenkyo.or.jp/060project/06502poster/1535/
をご覧ください。

ポスターコンクール審査結果(4)

1年生が出品するポスターコンクールに「薬物乱用防止啓発ポスター」があります。これも毎年取り組んでいる課題ですが、事前指導に、青少年に対する薬物乱用防止啓発として県が取り組んでいる講演会を参考にしています。夏休み前の全校集会に県警の方をお迎えし、薬物の怖さや、青少年にもその魔の手が忍び寄っている現状を、実際に起こった事例を紹介しながら解説してくださいました。

最優秀賞 岩本彩花さん
2013yaku03iwamoto.jpg
タイトルをクリックすると他作品をご覧いただけます。 

構図の勉強にいかが?

絵の要素として必要なことは色と形・・・・そして「構図」
四角い(丸い)画面に、「何を」どのような「場所に」描きいれるか、という問題は、色や形と同じように(いや、色や形以上に)大切な事柄です。この構図についてわかりやすく解説してくれている新書を見つけました。
構図がわかれば絵画がわかる(布施英利・著 光文社新書)
美術史の中に登場する様々な作品を事例に、作品の魅力に「構図」がどのようにかかわっているのかを著者の視点でひも解いています。たとえば、冒頭に紹介されているオランダの画家、フェルメールの風景画(デルフトの眺望)。画面手前左の二人の人物のあるなしを図版で紹介しながら、なんでもない風景が、この二人の人物を入れることによって広々とした美しい風景画に一変する「構図」の大切さを示してくれています。

doruft001.jpg

構図の意味を知ることは、絵を見るのが好きな人はより深く鑑賞できますし、描く人は、自分の作品をより魅力的に見せることができる。そんなことを考えさせてくれる内容です。文章も親しみやすく、きっとお役にたてる本です。デザイン表現科生徒諸君もぜひ読んでみてください。(K)

ポスターコンクール審査結果(3)

2年生は全員がポスターコンクールのために、2作品取り組みます。選挙啓発ポスターは全員の課題とし、選択として「男女共同参画啓発ポスター」「献血啓発ポスター」「自殺防止啓発ポスター」の中から一つ選んで出品します。「男女共同参画啓発ポスター」では奥野茉那さんが最優秀賞、工藤早織さんが優秀賞に選ばれました。

danjyo201301okuno02.jpg
最優秀賞 奥野茉那さん

danjyo201301kudo02.jpg
優秀賞 工藤早織さん
 

ポスターコンクール審査結果(2)

1年生が参加しているポスターコンクールは「人権擁護啓発ポスター」です。造形表現の授業で下描きまで取り組み、着彩は夏休みの宿題として仕上げました。結果は高校生の部の優秀賞として、岩本彩花さん、楠見綾香さん、湯川久美さん、山口可南子さんが選ばれました。(K)

湯川久美さん   岩本彩花さん
jinken2013.jpg
山口可南子さん  楠見綾香さん 

市高デパート終わる

002-0050.jpg

昨年と比べて好天に恵まれた「市高デパート」も終了しました。デザイン表現科の仕事は、当日までの各店舗に表示するポップ制作と、当日の店舗経営。3年生は「マグロ販売」と伝統となっている「市高饅頭販売」。1.2年生は野菜販売でした。たくさんのお客様が来場され、生徒たちは自分の仕事に一生懸命取り組みました。(K)

2013depa002.jpg

ポスターコンクール審査結果(1)

夏休みの宿題となっていた人権、明るい選挙、男女共同参画、献血、自殺防止啓発の各ポスターコンクールの結果が発表されました。その1は2年生の明るい選挙啓発ポスターコンクールの県審査の結果です。

入選
饒平名茉於さん 山﨑菜央さん
2013jinken nyuusen
平山鈴夏さん  阪口壮汰くん

タイトルをクリックすると佳作作品がご覧になれます

第37回市高デパートのちらし

本校の特徴でもある勤労体験学習、「市高デパート」が来る11月16日(土)、17日(日)に、本校体育館を中心に開催されます。デザイン表現科ではこの行事のチラシを毎年制作させていただいています。昨年まではイラスト中心のチラシでしたが、今年は「文字だけでレイアウトする」という課題として制作されました。選ばれたのは2年生稲垣凪砂さんの作品。「買う」の文字を大胆に取り入れたレイアウトとなりました。(K)

2013depa001.jpg

今年の中学生体験学習

11月2日土曜日、毎年行われている中学生体験入学が本校で実施されました。本科への参加者は約80名、本学科に入学してからの学習内容の概要説明と、実際に授業で行われている基礎課題の「素描」と「平塗」を体験してもらいました。さて、この体験は中学生たちに、授業で取り組んだ作品を紹介する機会でもありますが、この体験だけに使うパンフレットを制作しました。テーマは「デザイン表現科を現役生徒が中学生に紹介するパンフレット」です。今年は2年生・山崎菜央さんのパンフレットが採用され、中学生に配られました。

taiken003.jpg
taiken005.jpg