FC2ブログ

2014年03月

ブランクーシ的キャンドル

彫刻家コンスタンチン・ブランクーシをご存知でしょうか?ルーマニア出身の20世紀を代表する独創的な彫刻家で、写実的な彫刻ではなく、出身地の昔から作られていた素朴な石彫りや木彫りなどを手がかりにしながら,形の単純化を目ざした彫刻家です。この彫刻家が活躍した1900年初めごろは、モンドリアンを代表とする「抽象」的な表現を試みる作家が多く出てきた時代。彼も形をそぎ落とし、最も単純で美しい形を追求しました。さて、そんな「抽象彫刻」を2年生【造形表現】の授業で、ろうそくの教材を使って制作しました。ここに紹介する生徒作品、元ネタは何の形でしょう?

藤田美優さん
DSCF6312.jpg
タイトルをクリックすると他作品もご覧いただけます。