FC2ブログ

2017年07月

鑑賞の楽しみ

2017県立近代美術館

 7月21日(金)夏休み初日の午前中、1、2年生は「なつやすみの美術館7 すききらい、すき? きらい?」展を開催中の和歌山県立近代美術館で校外学習。ワークシート片手にどの作品がすきかきらいかを友達同士で語り合いながら、ゆっくりと鑑賞することができました。提出されたワークシートを集計してみると、「すきな」作品は、バラバラでしたが、「きらいな」作品には若干偏りが…。デザイン表現科の生徒は虫系の作品が苦手の様子。
 同時開催中の「コレクション展2017-夏」展の中の「特集 おはなしのなかへ」の作品を見ながら、作品にまつわるストーリーも考えてもらいましたが、さすがに想像力豊かで、奇想天外な物語が続出。
 「鈴木久雄 彫刻の速度 和歌山展」の作品を自分の好きな場所に展示するなら…という質問には、「森の中に置いてみたい」や「自分の家において、光や影の移り変わる様子を眺めたい」という意見などが多く見られました。いろんなことを想像しながら見るのも鑑賞の楽しみですね。

大阪芸術大学体験授業

大阪芸大体験

 7月12日、今年も2年生が大阪芸術大学の模擬授業を体験してきました。今年は午前中にデザイン学科の「UXデザイン」の授業、午後にアートサイエンス学科の「プログラミングの初歩」の授業を体験させていただきました。「UXデザイン」のカップ麺の課題解決を考える授業と、プログラミングによって図形を描いていく授業はそれぞれ、高校でのデザインの授業とはまた違った内容で、生徒たちは、頭を悩ませながらも楽しく課題に取り組んでいました。一口にデザインと言っても幅広い分野があります。体験は、自分の興味や得意に気づくチャンスであり、大学の雰囲気を肌で感じることのできる貴重な機会です。