FC2ブログ

2017年09月

初めての大学見学

1年生は、大学見学&大連携授業に初めて参加しました。
今回は、神戸芸術工科大学にお邪魔しています。
最初に、大学での学びについて説明を受け、卒業生の方々の活躍などを聞かせていただきました。
2017091914100000.jpg
午後からは、環境デザイン学科の教授による「ストローストラクチャーで楽しい空間をつくろう」という授業を体験させていただきました。基本の構造となる三角形を綿棒でつくり、空間をデザインしていく授業。
のり&綿棒と格闘しながら、楽しく参加させていただきました。
三角
友達と合わせて大きな空間に
2017091914110000.jpg
神戸芸術工科大学の方々、お世話になりありがとうございました。
本校卒業生のT君もお手伝いに来てくれていました。
2017091914140000 (1)

本物そっくりにつくる

セザンヌ風2

季節が変わって少し涼しい日もあり、秋を感じるようになりました。
遅くなりましたが、1年生が1学期に制作したリンゴを紹介します。
このリンゴは、石粉粘土で制作し本物そっくりに着色したものです。
少し小ぶりですが、じっくり観察して制作する課題を真摯に取り組んだ成果をご覧ください。

リンゴ粘土1

体験授業 i n 成安造形大学

成安造形大 体験

 9月4日、2年生は高大連携授業のため成安造形大学にお邪魔しました。
 市高からはバスで2時間ちょっと。到着後、まずは、大学説明とキャンパスツアーです。デザイン表現科のOBさんも朝からわざわざお手伝いに来てくれて、高校生と一緒にまわり、ゼミ室を案内してくれました。美しい自然に囲まれた静かな構内のあちこちに学生作品が展示されていて、高校生たちはレベルの高い作品に思わずため息。大学ならではの雰囲気を十分に感じることができました。
 その後の体験授業では、美術解剖学の小田隆先生が、人体を描くために大切な骨格と筋肉について教えてくださいました。お昼休憩をはさんで、午後は人物クロッキーの実習でしたが、次々とポーズを変えていくプロのモデルさんに対して、集中力を切らさずについていくのが精いっぱいで、1時間半があっという間に感じられました。
 和歌山から大津までの移動に時間がかかるため、限られた時間の中でしたが、今回も高校の授業ではできない素晴らしい体験をすることができました。毎年、連携授業のお願いを受け入れ、温かく対応をしててくださっている成安造形大学の皆様に感謝いたします。