FC2ブログ

記憶と想像力

恒例の春の遠足。今年は京都文化博物館で開催されている【光の讃歌・印象派展】と京都国際マンガミュージアムに行ってきました。鑑賞のテーマを「マンガとアートはつながっているのか?それとも・・・」と題し、設問の一つは「印象派の作品を見て、思い出したマンガのキャラクターや背景画、ある?」としました。無理矢理につなげたようでそうでもない。現代のアートシーンでは、「マンガ」は重要な位置を示していますし、マンガやアニメ表現の多くに、美術史に登場する作家や作品に影響を受けた表現が見受けられます。たとえば、私見ですが、昨年公開されたジブリアニメ「風立ちぬ」の一シーンで、ヒロインが丘の上で風景画を描いているシーンがありましたが、あのシーンは印象派の巨匠クロード・モネの【日傘の女】に触発された場面ではないでしょうか?言い換えれば、作者の記憶に、モネのこの作品のイメージがあったからこその一場面であると思うのです。今回の設問はその逆です。自分の記憶にあるマンガのワンシーンと、印象派の作品をつなぎ、その作品が記憶に残ることによって新たなイメージが想像できる。多くの作品を見、「記憶」を貯めこみ、「想像力」につながる力をつけてもらいたいと思っています。(K)

タイトルをクリックすると生徒感想文の一部がご覧いただけます。
yan001.jpg
ヤン・ファン・ホイエンの【釣人のいる川の風景】が【アナと雪の女王】のラスト近くのシーンでエルサがハンスから「お前のせいでアナが死んだ」と告げられて、吹雪が一気に止むシーンに似ていた。(F・M)

pisaro001.jpg
カミーユ・ピサロの【ルーアンのポアエルデュー橋・日没】が【ワンピース】のロビンがクロコダイルとルフィのどちらかにつく「死にたくない」のところで本当にありそうな背景だった。(M・H)

biutan001.jpg
ウジェーヌ・ブータンの「ドーヴィルの海辺】が、【紅の豚】に出てくる飛行シーン海に似ているな、と思った。重圧感のある雲と画面端にある青空が調和されていた。ジワジワと動き出しそうな雲だった。(F・M)

mone001.jpg
クロード・モネの【睡蓮の池】の光景が【ファイナルファンタジー9】にあるク族の沼という場所の景色に似ていると思いました。モネの描く風景は全体的にファイナルファンタジーの雰囲気に似ている気がしました。(Y・H)